« #15 前途を祝して | トップページ | #17 迫真の演技 »

#16 馴染まれへん

翌朝。

雨戸を開けると、またしても嘘のような快晴。

あたしは大分寝過ごしたらしい。
はたと枕元の目を覚まし時計を見たらもう10時。
やばいっ
と、はね起きたけど、そこにハチの姿はない。

あれ?

9時を過ぎたりしたらハチの、ねえちゃん起きてえ起きてえ攻撃にあうてしもて、オチオチ寝てられへんはずやねんけどな。
ぼんやりした頭をふる。
そこに残ったアルコールをふりきるように。

部屋の入り口から顔を出して、ハチを呼ぶ。
気配がない。
廊下に自分の声だけが頼りなくぽかりと浮かぶ。

ハチー、ハッちゃんやー
と焦った気持ちを声に出しながら、階段をばたばたとおりる。
どこにおるんやろ。
台所かな。

台所に入っていって、その片付きように目をみはる。
昨日の晩の気配すらないように、すっきりと片付いたテーブル。
ぴかぴかの流し台。
いつもの台所というより調理場のよう。
元板さんと言うてた捨て男の気配をそこに感じる。

たった一日やのにあたしとオカンの二人暮しに違う人間が入ってきたというのが見える。
昨日の晩に捨て男の顔をみた時ほどの嫌悪感はないけど、すんなりは馴染まれへん違和感。

ハチは裏庭におった。
捨て男と一緒に。

捨て男に首を羽交い絞めにされて、頭をわしゃわしゃ撫でられて、お尻尾ぶんぶん振ってる。
真っ黒な毛が光で茶色く透けてみえる。
スルッと捨て男をかわして、まだ昨日の雨が残ってる地面をとびまわるハチ。
ドロのはねが捨て男にとぶ。
また、ドロドロになったやんけーと笑いながら、またハチをつかまえようとする捨て男。

茶の間ごしに見える光に包まれた光景。
何か声がかけづらい。
ハチがあたしに全然気づかへんのも気にいらん。

ぷいっと台所を出ていこうとしたら、後ろから捨て男の声につかまえられた。

「月ちゃん、おはようさあん。」 

気づかれてしもたか。
しぶしぶ振り向いて、おはようと言う代わりにちょっと手をあげる。

あ、ねえちゃんや!
とハチが縁側方にトテテテテと走ってくる。
ピンクのベロをハッハッと見せて笑い顔になってる。

うう。
この顔には負ける。
もう、しゃないなぁ。
近づいていって、頭をなでる。
気持ちよさそうに目を細めるハチ。
ぽかぽかと陽だまりにあっためられたオデコ。

「こいつ結構賢いなぁ。」

そんなハチから目を離さずに捨て男が言う。

「月ちゃんが中々起きへんみたいやと思うたら、
散歩ひもくわえて、俺んとこに来たわ。」

へ~え、
オカンにもそんな事したことないのにな、ハチ。
でも、ってことは、

「散歩に行ってくれたん?」

「あ、うん。
散歩というより、ついて行っただけみたいなもんやったけどな。
どこ行ったらええんやろって思う間もなく、こいつがグイグイ引っ張ってくれたわ。」

散歩にしても、ついてったにしても、その格好やったら、さぞ周りの目をひいたやろなぁ。
あ、もしかして、サク婆にも会うてもうた?
昨日はヘソ出しTシャツ。
今日は赤シャツ。
サク婆には刺激が強すぎる。

「サク婆は?
出しなに会えへんかった?」

「ああ、いてはった。いてはった。
今日の昼はお好み持ってきてくれるって言うてはったで。」

サク婆のお好み焼き。
それは天下一品。
そこいらの店で食べるよりよっぽど美味しい。
オカンとあたしの大好物。
でも、オカンが仕事でおらん平日に焼いてきてくれるやなんて、珍しい。
しかも捨て男がおるんわかってるのに。
というより、もしかして捨て男がおるからか。

昨日、オカンとは何か話ししてたみたいやけど、捨て男とはほとんど話してないみたいやったし。
捨て男がどんな人間か、サク婆、さぐりに来るんかも。

|

« #15 前途を祝して | トップページ | #17 迫真の演技 »

ココログ小説」カテゴリの記事

コメント

すごい…捨て男はすっかりハチを手なづけてるし
サク婆とも散歩中に話してる。
サク婆、お好み焼き持って来るんだ〜。
捨て男の事どう思ってるのかなぁ?
気になります。

投稿: Bikkyママ | 2008年3月21日 (金) 23時26分

へそ出しTシャツ???私にも刺激強すぎよん。
毎回、いい所でつづきになるのねー。
次も早く読みたい☆
月ちゃんの彼の「せんせい」なんだか素敵。

投稿: ちー | 2008年3月22日 (土) 01時08分

コメントありがとうございます。

厳しいサク婆のおめがねに叶うのでしょうか? 捨て男くん。

続きをお楽しみに。

またお立ち寄りくださいね。

投稿: 咲乃月音 | 2008年3月24日 (月) 13時59分

なんだか、捨て男とハチが遊んでいる様子が
目に浮かんできました。
月ちゃんも仲間に入れるといいな♪

投稿: むくち | 2008年3月24日 (月) 15時42分

コメントありがとうございます。

ハチは、一足早く、捨て男くんと仲良くなったみたいですね。

またお立ち寄りくださいませ。

投稿: 咲乃月音 | 2008年3月26日 (水) 17時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« #15 前途を祝して | トップページ | #17 迫真の演技 »