« #29 家族になるねんもん | トップページ | ♯31 整髪剤とタバコの匂い »

#30 消えた相方

おじいさんが事故にあうて入院してた時、捨て男はお店もあけててんけど、病院に通いもっての一人での切り盛りはやっぱりきつい。
事情を知った調理師学校時代からの連れが手伝いに来てくれることになった。

「息があうっていうんかなぁ。
長年の漫才の相方みたいにぽんぽん言葉がとんでなぁ。
お客さんらからも板前やめて二人でコンビ組めってよう言われたわ。」

人当たりもようて、料理の腕もええ、真面目な仕事ぶりのその連れに、退院してきて、しばらく現場監督のように店に出てきた捨て男のおじいちゃんも感心してたらしい。
えらいめっけもんや。
このボンがおらんかったら、わしの退院の前にこの店つぶれとったなあと言うぐらい。

捨て男もおじいさんも知らんかった。
その連れが実は桁違いのギャンブル狂で、ほうぼうに山のような借金をこしらえてたことを。

ある日、その連れから相談された。
自分の店を出したいと。
まだ20台も半ばやそこらでそれはちょっと早いんとちゃうかという捨て男のおじいさんの話しにも、いや、ものすごい出物があんねん、これを逃したら一生自分の店なんて持たれへんかもしれんと言うその連れ。
どんな出物やと詳しいことを聞いたら、確かにその物件でその値段は信じられへんなと捨て男もおじいさんも唸った。

で、その連れはその頭金の保証人になって欲しいと捨て男のおじいさんに手をついた。
いくら孫の仲のええ連れやと言うても、そんなにまだよう知らんもんの借金の保証人は慣れんと一度は断ったおじいさんやったけど、一国一城の主になりたいんです、早く立派なカタチつけてお母ちゃんを安心させてやりたいんですと泣かんばかりに手をつくその連れにおじいさんはついに頷いてしもた。

頷いた翌々日にはもう銀行の人と不動産手続きの弁護士やという人が店にやってきた。
地味なグレーのスーツを着た温厚そうな丸顔の自称銀行員も、ぱりっとした紺のスーツにメタルフレームの眼鏡をかけたいかにも頭が切れそうな自称弁護士も、どっちも町金の取立て屋やったなんて思いもよらへんかった。
一生恩にきますと泣かんばかりの捨て男の連れの様子に、おじいさんもこれで良かったんやと思うたらしいのに。

さあ、こちらに御署名を、こちらに御捺印をと、流れるように言われるままに署名をして判子を押した。
その書類は頭金の保証人なんかやなくて、その連れの借金の肩代わりの書類やった。
五千万もの借金の。

連れが姿を消したんはそれからすぐやった。
えべっさんの次の日やった。
店をぬけてえべっさんに行ったおじいさんが商売繁盛の笹を今年は二本抱えて戻ってきた。
いやあ、今年の福娘は別嬪揃いやったわと言いながら、一本をいつもの神棚の横に、もう一本を調理場の連れに渡したおじいさん。
まだちょっと早いけど、開店祝いや。
気張って繁盛させやって言いながら。
おおきに、大将って言いながら笹を受け取る連れの手が小刻みにふるえてた。

次の日、仕込みの時間が過ぎても、開店の時間が来ても連れは現れへん。
携帯にかけてもつながれへん。
おかしいな、どないしたんやろうと首をかしげてたら、連れのかわりに現れたんはこの間の銀行員と弁護士やった。

ただ今度はこの間と似てもにつかん派手なスーツに身を包んだどう見てもその筋の人のなりやった。
一瞬にして最悪のことが起こったんを悟った捨て男とおじいさんやったけど、ほんまなぁ、俺そういう時も能天気なんか、黒のスーツの血みたいな真っ赤なストライプの色を見ながら、やくざってすごい演技力やなぁとかって思うててんと笑う捨て男。

ほんでもそんなに呑気なことを思えてたんはその日までやった。
あくる日から始まった修羅のような日々。
鳴りやまん電話。
店先にまかれた汚物。
べたべたと店の入り口にはられた金返せのビラ。
ただでさえ大きくない店を大勢で陣取り、嫌な顔をするお客には誰彼なく喧嘩を売りまくる強面の男たち。

最初は負けたらあかんでと言うてくれてた常連のお客さんらの足が遠のいたんも、あっと言う間やった。

|

« #29 家族になるねんもん | トップページ | ♯31 整髪剤とタバコの匂い »

ココログ小説」カテゴリの記事

コメント

その消えた相方っていうの、許せない!
捨て男や捨て男のおじいさんみたいに
いい人たちを騙すなんて本当にひどいわぁ。
でも実際こういう事をしてる人が本当にいますよね。
きっとこの先いいことないですよね!!!

投稿: Bikkyママ | 2008年4月23日 (水) 21時14分

毎回楽しみに読ませて頂いてます。
相方はどこへ行ったのか、見つかったのか…。ひどいっ。
どっちにしても、この人はバチが当たるでしょうね。
続きどうなるのかな。

投稿: らび母 | 2008年4月23日 (水) 22時21分

心の優しい人に つけこむのよね・・・。
冷たい人なんかに 保証人とか頼めないもんbomb

どおして 心から想ってくれてる人を 騙せるのか心理が分からないsweat01

と言うよりも 分かりたくないし 一生分からないだろおなpunch

投稿: こと。 | 2008年4月23日 (水) 23時13分

切ない。
相方だって信じてる人を裏切るなんて。
人間として許せないです。
借金地獄からどうして抜け出したのかしら?
それとも抜け出してない?え~~ん;;
お金って怖いね。人を駄目にする。

投稿: こむぎママ | 2008年4月24日 (木) 07時40分

コメントありがとうございます。

このあたりは、書きながらも心が重かったです。

また続きをのぞきにいらしてくださいね。

投稿: 咲乃月音 | 2008年4月25日 (金) 22時51分

ひどすぎる!
こんなことになるなんて、つけ込み方があんまりです。
こんなやつ、死んでしまえ!と思います。
5000万なんて。ひどい。

投稿: かなりん | 2008年4月27日 (日) 00時32分

コメントありがとうございます。

現実でもこういうことって、起こったりするのでしょうね。

ひどい話しですが。

またお立ち寄りいただけたら嬉しいです。

投稿: 咲乃月音 | 2008年4月28日 (月) 13時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« #29 家族になるねんもん | トップページ | ♯31 整髪剤とタバコの匂い »