« #33 家政夫はジェームスディーン | トップページ | #35 花嫁の母のような気持ち »

#34 つるかめ つるかめ

その新捨て男とサク婆とオカンと連れ立っての衣装合わせ。
衣装屋さんへ行くのは電車に乗らなあかん。
最初、オカンはタクシーで行こうかと言うてくれたけど、サク婆も無理やったら家におりよし。私が替わりに見てきて、ちゃんと写真もとってきたるから
と言うてくれたけど、もうほんまにそろそろ流れの中に身を投げて自分の腕で泳がなあかん。
これを逃したない。
心配顔のみんなに、あたしも行くっと宣言。

当日はちょっと早めに目が覚めた。
ハチの散歩の時から落ちつかへん気持ちが出てたんか、
ねえちゃん、どないしたん?
と何度もハチが振り向いてた。

用意もすませ、いよいよ家を出るときはさすがに緊張したけど。
今日もアカンかったらどうしょうって。

ドキドキする自分の気持ちに耳をすます。
こわいドキドキやなくて、遊園地に行く前みたいなワクワクの入ったドキドキみたいや。
今日こそ大丈夫かも。
靴を履いてから、携帯を開ける。
センセイからのメールをもう一回見る。

『つるかめ つるかめ』

昨日の晩、今日のことを話したら、僕も一緒に行くと最初は言うてはったセンセイやったけど。
格好悪いとこ見られたないのが半分、もう十分大げさやのにこれ以上おおごとにしたないのが半分で断った(ほんまはね、ちょっと一緒についてきてほしかったけど)。

あああ、お嬢ちゃんの初めてのお使いには一緒に行きたかったのになぁと大げさなため息つくセンセイに、可愛い子には旅をさせてよと笑たあたし。
ほんだらな、もし、しんどなったらな、つるかめ、つるかめって唱えんねんでと真面目な声のセンセイ。

つるかめ? 何じゃそりゃ。

ゲンの悪いことがおきそうな時に唱えたら、
悪いこともええことに変えるおまじないや
と、あくまでも真面目な声で言いつのるセンセイ。
うちのひいじいちゃんから教えてもうたと。
僕も緊張したらよう唱えると。

いっつも大人で常温のセンセイが真面目に『つるかめ つるかめ』って唱えてる姿は可笑しい。
フフフと笑いながらそんなセンセイが愛しい。

つるかめ、つるかめと、いっぺん唱えてパタンと携帯閉じる。
玄関でお見送りしてるハチに、おねえちゃん行ってくんでと、一撫でして家を出る。
外でちょっと心配そうに待ってたオカンとサク婆と捨て男に、お待たせえと走り寄った。

家から駅まで徒歩12分。
トンネルをくぐり、公園の横をすぎ、小学校の横をすぎる。
小学校の桜につぼみが付き始めてるのをみんなで立ち止まって見上げる。
桜の季節になったら川べりにお花見に行こう、捨て男の作ったお弁当を持ってと盛りあがる。

駅前の自転車置き場が見えた時にちょっと耳がちくっとしたような。

つるかめ、つるかめ。

ちょっと速度を落として通りすぎる。
大丈夫、大丈夫。
駅はもうすぐ。
信号を待ってたら、やっぱりちょっと耳鳴りがするような気がする。

つるかめ、つるかめ。

オカンがちょっと心配そうに顔をのぞきこむ。
月ちゃん、大丈夫? 
うん、大丈夫。
今日は絶対、大丈夫。
ショルダーバッグのストラップをぎゅっと握り締めて横断歩道を渡る。
手が汗ばんできた。

駅へのぼる階段。
いつもならこの辺ではもうワンワンする耳と吐き気に襲われてるんやけど

・・・・今日は・・・大丈夫みたい?

大丈夫!大丈夫!!

切符も買って、改札を通る。
ここまで来る長い日々が嘘みたいに、気づいたら電車に乗ってた。
普通に。

いや、普通やないか、嬉しくて、ちょっと涙ぐんでしもたから。
もう一生電車にも乗られへんのんやろかと、布団に潜って泣いた日が嘘みたい。

携帯からセンセイに短いメール。

『つるかめ効いたよ! 月子』

一年ぶりの窓の外の見慣れた景色が、流れるように過ぎてくのを、珍しいものを見るように、ひたすら目で追ってた。

|

« #33 家政夫はジェームスディーン | トップページ | #35 花嫁の母のような気持ち »

ココログ小説」カテゴリの記事

コメント

月ちゃんも みんなも ゆぅーっくり幸せの階段を上ってるshine

登場人物 一人一人に これまで いろんなドラマがあったねhappy01

楽しい事ばかりじゃない 辛い重いこれまでの事…。

心底 みんなが これから あったかい色に包まれて行ったらいいなぁclover

投稿: こと。 | 2008年5月 3日 (土) 01時43分

鶴亀、鶴亀、
月ちゃん乗り越えられたかな。
辛い過去もあったけど
おまじないが効きましたね。良かった。
先生の優しさがなんだかじ〜んと伝わってきました。
鶴亀、鶴亀、
私も何か嫌な事があったら
このおまじない唱えてみよう。

投稿: Bikkyママ | 2008年5月 3日 (土) 02時49分

コメントありがとうございます。

つるかめ、つるかめ、私も実は唱えることがあります。

悪いことが良いことに変わってくれたら嬉しいですよね。

またお立ち寄りいただけたら嬉しいです。

投稿: 咲乃月音 | 2008年5月 5日 (月) 11時27分

ゴールデンウイークは、更新されないのねん、残念☆

投稿: 殿下 | 2008年5月 5日 (月) 18時18分

コメントありがとうございます。

GW中は、更新も少しゆっくりめだったようです。

またお立ち寄りくださいね。

投稿: 咲乃月音 | 2008年5月 7日 (水) 13時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« #33 家政夫はジェームスディーン | トップページ | #35 花嫁の母のような気持ち »