« #36 誰か助けて | トップページ | #38 何で言うてくれへんかったん »

#37 最後のパズルのパーツ

ぼんやりと焦点があった。
センセイの顔があった。

あれ、今日はデートしてたっけ。
どこにおるん、あたし。

ふうっと視野が戻ってくるんと一緒に朝からの出来事がコマ送りに浮かぶ。

電車に乗れたこと。
捨て男のの紋付姿。
オカンの白無垢。
カツラ合わせ。
救急車。

目で周りを確かめる。
病院や。
やっぱり夢やないんや。

「しゃあないなあ。母娘で倒れるやなんて。
つるかめ、ちゃんと唱えとったか?」

いつも通りの常温で、あたしのオデコにちょっと手を置くセンセイを見てたら、ちょっと母娘で貧血で運ばれたみたいや。

子供が病気になっても、子供が心配せんようにと、母親は心配を顔に出せへんっていうなあってセンセイのいつもの柔らかい顔を見て思う。

陽子ちゃんはさっき目覚まして、苺アイス食べたいっていうから、今、差し入れしてきた、ほんま、あの人も子供みたいやなあと笑うセンセイ。

不意にこわくなって、オデコに置かれてたセンセイの手をとって思い切り引き寄せる。
バランスを崩して前かがみになったセンセイの首にかじりつく。
まるで子供が抱っこをせがむように。
センセイから出る戸惑う空気に構わずに、きつくきつく胸を押し当てる。
自分がばらばらにならへんように。
大切な人がそこにほんまにおるんを確かめるように。

また朝に電話するからと、何べんか振り返りもって帰ってくセンセイを見送った後、オカンの病室に向かう。

オカンの病室は廊下の一番奥。
元勤めてたとこということもあって、たまたま空いてた個室に入れてくれた。

プールの水の中を歩くみたいに、気持ちは早るのに身体が思うように前に進まへん。
顔を早く見たいのに、どんな顔をしてええんかわからへん。
やっと辿り着いた病室の前で立ちすくむ。
何べんか迷った後に、ノックをして、アルミのひんやりしたドアノブに手をかけてドアを開ける。

暗い中、電気もつけんと、窓際にオカンが立ってた。
ああ、月ちゃん、目え覚めたん。大丈夫?
とまるで普通の様子で笑うオカン。

初めて見るお下げ髪がオカンの顔を淋しく見せる。
髪の毛に止まってるあたしの視線に気づいたオカンが、両手でお下げを持ち上げる。
入院って言うたらお下げ髪よね、お母さん、いっぺんやってみたかったんよね
と、両手の中のお下げをぴょこぴょこ振る。

オカン・・・お母さん、いつから自分の病気のこと知ってたん? 

うつむくオカン。
ちいちゃい子供がするように両方の親指の爪をイジイジと持て遊ぶ。

研ちゃんと『福耳』で会うた日と、ようやっと聞きとれるぐらいの声で答えるオカン。

半年ほど前から調子の悪いのんは感じてた。
来週、また来週と延ばし延ばしにしてるうちに過ぎてしまった日々。
ようやっと検査に行って、結果を聞いたんがあの日やった。

また、パズルのパーツが一個はまった。
何で、その日にオカンが島崎さんの近くの『福耳』に行ったんか、何で泣いてたんか。
はまってほしくなかったパーツ。

これで、絵はでけた? 
もうあたしの見逃してるパーツはない?

|

« #36 誰か助けて | トップページ | #38 何で言うてくれへんかったん »

ココログ小説」カテゴリの記事

コメント

本当、月ちゃん辛いですね。
はまってほしくなかったパズル。
な〜んて冗談でしたチャンチャンみたいに
なってくれたらと思いますね。

投稿: Bikkyママ | 2008年5月 9日 (金) 18時52分

悲しい話だけど オカンて強いsign03と思いました。私なら…って考えると 確かにオカン たくましい。そぉ振る舞ってるのかも知れないけど、オカン 笑ってみせてるけど、自分だったら出来ないよぉなsweat01

投稿: ふわ | 2008年5月10日 (土) 00時55分

あかん。あかん。こんなん反則やわ。
何の心の用意も出来てない。
久しぶりにココログに来てみたら、
こんな展開になってるなんて。
えーん・・・。泣きそう。
月ちゃん頑張れるの?
捨て男も大丈夫?
みんなで、支えあえるの?
むちゃむちゃ心配になってきた。

投稿: kaoru | 2008年5月11日 (日) 23時07分

ほんと、悲しいパーツ・・・
こんなパーツがはまる時って、たまりませんね~

投稿: まりかず | 2008年5月12日 (月) 09時13分

コメントありがとうございます。

こうしてネット連載という形になると

自分も読者のような気持ちになります。

辛い気持ちを、月ちゃんたちが

どのように受け止めていくのか・・・

もう少しおつきあいいただければ嬉しいです。

投稿: 咲乃月音 | 2008年5月12日 (月) 15時00分

月ちゃんも悲しい、けど、陽子さんもあまりに悲しいですね。
泣いてしまうのは、ほんと当然です。
うちの母も泣いたそうです。
なんか、重なるので、悲しいです。最後、ハッピーを期待します。

投稿: かなりん | 2008年5月12日 (月) 16時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« #36 誰か助けて | トップページ | #38 何で言うてくれへんかったん »