« #35 花嫁の母のような気持ち | トップページ | #37 最後のパズルのパーツ »

#36 誰か助けて

まだオカンは眠ってる。
あれから救急車で島崎病院に運ばれて、そのままずっと意識を失ってる。

緊急処置室から病室に運ばれたオカンを見届けて、一旦廊下に出たあたしを、初老のお医者さんが待ってた。
「お母さんのことでお話が」とそのお医者さんが言うセリフが、口を開く前から聞こえてたような気がした。

静かに音を立てへんようにしてるのに、靴音がひびく廊下。
お前はそこにおんのんわかってるぞ、今からつかまえに行ったるからなと何か得体の知れん不吉なもんが後ろから追っかけてくるような気がする。
つかまりたくなくて早足になると馬鹿にしたようにまた靴音がひびく。
ほら、逃げられへんぞおと追いかけてくる。

大きくなったね、月子ちゃんとお医者さんが笑う。
目尻による皺。
僕のこと覚えてるかな? 
いいえ、すいません。
ああ、まだちいちゃかったもんなあ。
すっかりお母さんに似てきてびっくりしたよ。
そんな世間話のようなやり取りが続く。

そのまま、それが続いて欲しくて、その次のお医者さんの『話し』っていうのから、ちょっとでも遠ざかりたくて、いやいや、母にはあんまり似てるって言われないんです。声はよう似てるって言われますけど
と、言葉を急いだようについでくあたし。
それでも埋めきれへん、言葉と言葉の隙。

その一瞬の隙をついて、さて、とお医者さんが言う。
さて。
さての後には何が続くんやろう。

失礼しますとお医者さんの部屋を出た。
後ろから、月子ちゃん、大丈夫という気遣わしげなお医者さんの声が追ってくる。

大丈夫? だいじょうぶ? ダイジョウブなわけない。

オカアサンハ、ランソウガンデス。
マッキ二ナッテイテ、ザンネンナガラ、シキュウト、ハイヘノテンイガミトメラレマス。
ゴホンニンモ、ゴゾンジデス。
ナガクテ、イチネンデス。

気が付いたら壁によりかかって光を失った人のように手探りで前に進んでた。
お医者さんから聞いた言葉は宇宙人の言葉みたいで、あたしの頭で中々意味をなせへん。
ガン。マッキ。テンイ。
ザンネンデスガ。ナガクテイチネン。

ザンネンデスガ? 
残念ですがってこと? 
何が残念なん。
うちのオカンに残念なことなんて、そんなこと、起こるわけない。
何を言うてんのん。

ほんまはわかってる頭と、わかろうとしたない心が、あたしの身体をめりめりと引きさくようや。

痛い。

どこが痛むんかわからんような痛みに襲われて、しゃがみこむ。
ボタボタと床に落ちる涙。

痛い、痛い、痛い、だれか助けて助けて助けて
と自分の耳に吠えるような声が聞こえた。

|

« #35 花嫁の母のような気持ち | トップページ | #37 最後のパズルのパーツ »

ココログ小説」カテゴリの記事

コメント

…エッ!?
そんな展開…ってぇ…。

投稿: アラキン | 2008年5月 7日 (水) 23時26分

うそや、うそや、うそや・・・・・。
信じられへん展開。

投稿: こい | 2008年5月 8日 (木) 03時41分

オカンが#27で“聞いて欲しかった”のはこの事だったのですね。。。
なんとなく、漠然と、そんな予感がしていました、、、。
捨て男も知っているのでしょうか? 知っているのでしょうね。。。

投稿: estrella★ | 2008年5月 8日 (木) 06時18分

「こと。」改め「ふわです」happy01
・・・・・ところで・・・おかん どーしてsweat01
せっかくせっかく 幸せを掴んだのにsign03
おかん 前の時も幸せ掴んで すぐ失ったのに(でも月ちゃんがいてくれて良かったけど) 今回も また失っちゃうのsign02sign02
あまりにも・・・って 悲しくなりましたbearing

投稿: ふわ | 2008年5月 8日 (木) 08時55分

いやーーーー
せっかく幸せをつかんだと思ったのに。
神様って意地悪。
これからどうなるの?胸が痛いです。

投稿: こむぎママ | 2008年5月 8日 (木) 09時28分

ええっ~!ショックな展開です・・・
先が短いとわかっているから、花嫁衣装を?・・・

投稿: まりかず | 2008年5月 8日 (木) 11時03分

最近あんまりゆっくり読む時間がありませんでしたが
こんな展開になっているとは!!やっぱり出版希望です。

投稿: ayaPod | 2008年5月 8日 (木) 21時55分

え〜、まさかの展開で辛いですぅ。
私も姉を癌で亡くしてるから読んでてあの時の事がかぶってしまいました。
奇跡は起こらないのかなぁ?
家族は余命宣告されても、それでも願って止まないからね。
月ちゃんや捨て男の気持ちを思うとなんとできればと思います。

投稿: Bikkxママ | 2008年5月 9日 (金) 13時44分

コメントありがとうございます。

辛い展開になってきてしまいましたが

月ちゃんと、オカン、そして捨て男のストーリーは

もう少し続きます。

見届けていただけたら嬉しいです。

投稿: 咲乃月音 | 2008年5月 9日 (金) 18時16分

カタカタになきました。こんなことってあるんでしょうか。
自分のことが蘇ってきました。
あの冷たくなっていく自分の思いが月ちゃんに重なるような気がします。
よい方になっていってほしいです。

投稿: かなりん | 2008年5月12日 (月) 16時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« #35 花嫁の母のような気持ち | トップページ | #37 最後のパズルのパーツ »